くせ毛はストレートミストでストレートヘアに

2020年3月31日おすすめ

毎朝のセット、日々のケア、湿気の多い日などなど、くせ毛は大変ですよね。

くせ毛はちょうど良い水分を保持できないのでパサパサと傷んで見えたり、空気中の水分を取り込んで、うねったりします。

日本人の約70%の人がくせ毛であると言われていますので「厄介なくせ毛をどうにかしたい!」と悩んでいる方が多いと思います。

その悩みにお応えします。

 

くせ毛の原因は何なのでしょうか?

髪内部のタンパク質がずれて結びついていたり、毛穴がきれいな円形でない場合、くせ毛になります。
くせ毛の度合いは、この毛穴の歪み具合によって変わります。
毛穴の形は遺伝することが多く、親がくせ毛だと子供もくせ毛になりやすい傾向にあります。 さらに、頭皮ダメージやストレス、毛穴の詰まりなど他の要因でくせが強くなる場合もあります。

くせ毛は治せるのでしょうか?

残念ですが、生えてくる髪自体を直毛にする事はできないようです。

 

くせ毛は縮毛矯正、ストレートパーマで

生えてくる髪を直毛にできなくても 縮毛矯正やストレートパーマでくせ毛の髪をストレートヘアにすることはできます。

ストレートヘアになれば毎朝のスタイリングが楽で時間がかかりませんし、 湿気の多い日でも髪型の崩れは気になりません。

縮毛矯正とは

薬剤+熱の力(アイロンやブラシ)で髪を真っ直ぐにする施術のことです。

料金(目安)
縮毛矯正のみ   16,000円
縮毛矯正+カット 22,500円

ストレートパーマとは

薬剤の力だけで髪を真っ直ぐにする施術のことです。

料金(目安)
ストレートパーマのみ   10,500円
ストレートパーマ+カット 17,500円

クセの強さにもよりますが、ショートからミディアムヘアなど髪が短い方の場合は、3から4ヶ月に1回程度、ミディアム以上のロングヘアの場合は、半年に1回程度の間隔で施術を受けます。

髪への負担やダメージが大きい施術

縮毛矯正とストレートパーマは、どちらも髪への負担やダメージが大きい施術です。
そのため、どうしても施術後の髪はダメージが蓄積しやすくなります。
縮毛矯正もストレートパーマも、薬剤を付けた部分、アイロンで熱処理を行った部分は、カットで完全に無くなるまで影響が残り続けます。
そのため、一度、失敗してしまうと1年から2年もの長いあいだスタイリングに苦労することになります。 あるいは、やむを得ず失敗した部分をカットする必要が出てくるため、注意が必要です。

失敗とは?

縮毛矯正、ストレートパーマの失敗とは、
・ビビリ毛になってしまう
・根元が折れてしまう
・クセがあまり伸びなかった
・うねりが強くなった
この失敗の中でも”ビビリ毛”と”根元折れ”は断毛にもつながる失敗です。

失敗の原因

・カウンセリング不足
・美容師の知識不足
・美容師の技術不足
が失敗につながります。

縮毛矯正やストレートパーマは費用も勇気も必要だということです。

 

おすすめのくせ毛スタイリング方法

おすすめは、スタイリングスプレー「ストレートミスト」を使うことです。

8年の研究を経て、開発されたストレートミストは、 遺伝や毛穴の歪みはもちろんのこと湿気による髪の広がりやヘアスタイルの崩れを抑え、ストレートでまとまりのある髪に仕上げます。

ストレートミストの口コミ
・シュするだけで、パサつきもなくなり落ち着く
・ベタつかないしさらっとしてるので使いやすい
・髪も手もべたつかないので、朝もラクにスタイリングができる
・艶も出るし、毛先の広がりも収まるので買ってよかった
・毛先のはねに悩んでいたが、これ一本で解消した
・髪がテカりやすい

ストレートミストはこちらでご確認ください。

Bella Pelle ストレートミスト

 

 

 

外部リンク 

凍み渡り幹事長のYouTube動画

  桑田真澄のチェンジアップはこう投げる
  桑田真澄と工藤公康の速い球はこう投げる
  桑田真澄の間違いだらけの野球の常識コンパクト
  桑田真澄と工藤公康のカーブはこうやって投げる

凍み渡り幹事長の作曲コンテスト・コンペ開催 – 音楽コンテストサイト

  クレオフーガ

2020年3月31日おすすめ

Posted by 凍み渡り幹事長